--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-18

追憶 廃城~

その日も私は尾張の廃城の周りをうろうろしていた。なんとかして廃城を攻略したかった。

思案にくれながら歩いていると急に見知らぬ人から対話が来た。今思えば、あれが始めての対話だった。

恥ずかしい話だが、私は対話の主を探すため周りをきょろきょろと見回したのだが・・当然、誰もいない・・・

数分して初めて、対話の主は近くにいないことに気づいた。対話の内容は一緒に廃城を攻略しませんか?という内容だった。

私は狂喜した。

いそいで返事をしようと思ったのだが・・・返事の仕方がわからなかった・・・

数分間、思考錯誤してようやく対話を返すことができた。(履歴から知人登録して対話する事に成功したのだ)

対話が着てから10分近く経っていたと思うが、対話の主は快く迎えいれてくれた。



集合場所の尾張の茶屋前にいくと対話の主らしき巫女がお辞儀をしてきた。

お辞儀を返そうとあたふたしていると勧誘されたのでお辞儀を返す事ができなかったのだが・・・

驚くべき事に対話の主はレベル65でほかにも65の侍と鍛冶の方がいた。

廃城攻略の対象者は私を含め4人、薬師と鍛冶と私の他に忍者がもう一人。

私で最後だったみたいで、揃ったので出発する事になった。



尾張の廃城前につくと党首の巫女さんがなにやら見知らぬ唄を唄いだし、気が付けば私を含む党員全員の姿が半透明になっているではないか・・・

彼女はどうやら「真実の唄」と「神隠しの唄」を唄ってくれたらしく、これで敵にみつからないらしい。

半信半疑の私を置いて、皆は廃城の中に入っていった、私も慌てて後を追った・・・

驚くべきことに敵が襲ってこない、まさかこの様な手段があろうとは・・・前回の苦労は何だったのだ・・・

呆然と後ろをついていくと尾張の廃城の主、斯波義銀(シバヨシカネ) の姿が見えた。

今でこそ、廃城の主は1体構成だが、当時はレベル35の7体構成。

私にとって初めての7対7の戦闘だったのだが・・・戦闘はあっけなく終わった・・・

65の鍛冶さんが敵の攻撃をすべて受け付け、65の侍さんが1体ずつ敵を切り裂いていった・・・私の出番は無かった・・



残りの2つの廃城も結果は同じだった、順番は美濃>越前と行ったと思う。

道中で色々な話を聞いたが、私の知らない事、理解できない事が多かった。

戦闘で活躍できなかった事よりも、自分の無知を恥じた・・世界にはまだまだ私の知らない事が多すぎる・・・



3つの廃城を攻略し終わり、帰る道中で65の侍さんが「お守り」をくれた。生命240に腕力6がついているどこにでもある「お守り」・・・

そのお守りはぼろぼろになって使えなくなってしまったが、今でも私の袋に入っている・・

彼らと行動を共にして、自分もいつか彼らのようになりたいと思った。

能力的な強さに憧れたのではなく、初心者に対する優しい心遣いの姿勢に憧れたのだ。

その後、彼らの姿を見かけることは無かったが、私が彼らの後ろ姿を忘れる事も無かった・・・








                                                  六郎



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012-01-16

追憶 中級クエスト~

里山熊に敗れた私は、彼が追いついてくるのを待った。

チャットをする術を知らなかった私には、彼以外の人間に助けを求めるという選択肢は無かった。

しばらくして、彼は私に追いついてきた。

彼と二人で里山熊を撃破し、残りの軍事依頼も問題なく達成できた。

昇仙峡では河童や蛙に追いかけまわされたが、二人とも無事に生還できた。

そんな私たちの前に、最大の難関が待ち受けていた。



それは、廃城の攻略・・

支援体制の整った今の時代では、それほどてこずる相手ではないだろう。

しかし、当時は阿国一座もおらず、案内役からの配布アイテムも無い。

ましてや、廃城の主はレベル35の7体構成で主の周りには赤nが徘徊している。

新参者が二人で向かったところで門前払いが関の山。

私たちは何度も門番に挑み、何度も墓場に送られた。

もうこれはレベルをあげてどうにかなる問題では無かった。



彼の提案で、私たちは見ず知らずの他人にチャットで助けを求める事にした。

同じくらいのレベルの人を検索して、廃城クエ対象の鍛冶さんと傾奇さんに声をかけた。

チャットは彼が行ってくれた。私は隣で心配そうに見ているしかなかった。

声をかけた二人は快く協力してくれたので、四人で尾張の廃城に向かった。

初めて徒党会話をしたのでとても緊張したが、とても優しい方たちだった。



戦闘の方も順調にいった、門番を二体とも倒し、屋敷の中に入り奥を目指した。

一時間以上戦い続けただろうか・・戦闘で減った体力を休ませながら少しづつ少しづつ進んでいった。

ついに廃城の主の姿が見えた、後少しだ・・

しかし、一瞬の気の緩みが致命的なミスとなった。

ふすまで分断され徒党が割れてしまったのだ。

あと一歩の所で、私たちは敗退した。



今思えば無謀な挑戦だった。しかし、目標は達成できなかったが、とても充実した時を過ごせた。

徒党で協力する事の楽しさを知った瞬間だった。

私たちは後日の再会を約束し、尾張を後にした・・

                                              ~六郎~



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
2012-01-11

追憶 仕官〜

上杉家に仕官した後、彼とはなかなか顔を合わせる機会が少なくなった。

私は1人で案内役の課す「中級クエスト」をこなしていく事になった。

それは1人で行動する事に慣れていない私には、苦難の道だった。



仕官した後の私は、人の話も聞かずにどんどんと先に進んでいった。

一緒に仕官した彼よりも少しでも先に進みたいという思いがあった。

名工の鶴丸や医者の話もろくに聞かずに、矢の様に春日山の町を駆け抜けた。



ここで私は、初めて敗北を味わった。

窯隠れ才蔵に返り討ちにあい、何度も墓場に送られた。

鶴丸の話を理解できなかった私の装備には付与石などはいっていなかった。

医者の忠告に耳をかさなかった私は、強壮丹の存在など知るはずもなかった。

私はなけなしの金を払い、店で無銘の小太刀を購入し、なんとか才蔵を倒した。



寄り合い長から軍事依頼を受けた時は、肝心な討伐対象がどこにいるかわからなかった。

「依頼」で確認すれば良かったのだが、私にはそのようなものが在る事さえ知らなかった。

国中を走り回り、やっと討伐対象を見つけた時は嬉しかった。

しかし、その喜びも束の間のことだった。

私の前に立ちふさがったのは「里山熊」だった。

里山熊との死闘は1時間にも及んだ。

私の3連撃は確実にダメージを与えているのに、いっこうに倒せる気配がない。

そう、里山熊は生命力が自動で回復する「再生」状態だったのだ。

そのような事を当時の私が知るはずもなく、ましてや敵の青付与の消し方すらわからず・・

私は無残に雪山に散ってしまった。

私に残された道は、彼の到着を待つのみであった・・・



                                               〜六郎〜



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
2012-01-07

追憶 隠れ里~

今思えば、昔の自分は無知であったと思う。



まだ萌黄や真紅といった世界ができる前のことだ、私は覇王伝という世界に住んでいた。

初めて覇王伝の世界に飛び出したのは二年位前だったと思う。

知人に誘われて、『公認ネットカフェ』から、この世界に足を踏み入れた。



私は新参者の忍者として、知人の侍とともに隠れ里を訪れた。

私の横には常に彼がいたので、私はチャットをする必要が無かった。

いや実際は、する必要が無かったのではなく、する方法を知らなかったのだ。

私は他人の話も殆ど聞かずに、立ち塞がる敵を倒していくだけであった。

ただ訳もわからず、隠れ里名主や変わり翁の指示に従って進んでいく。

すべてが新鮮で、それだけで楽しかった。

相棒の侍が、波多野家の足軽が落とした槍を使って高ダメージをだした時に、とても嬉しそうだったのを今でも覚えている。

あの頃の私は、その瞬間瞬間を全力で生きていたのだ。



二人で協力したおかげで、隠れ里での修行はわずか一日で終わった。

私たちは眠れる妖魔を倒し、推挙の書を貰うとすぐに上杉家に仕官する事にした。

二人とも早く広い戦国の世に出たかったのだ。

レベルやステータスを上げることだけが、自分自身の成長だと勘違いしたまま・・

後ろを振り返る事無く、私たちは隠れ里を後にした・・・

 
                                               ~六郎~





にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



プロフィール

東条見聞録

Author:東条見聞録
信長の野望online
 萌黄織田家所属
  東条静華(軍)
  城下町「東条見聞録」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。