--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-18

付与と呪詛@応用編

付与と呪詛の応用編です。



敵に付与が付くと敵の能力が上がるので不利になります。なので早めに看破で敵の付与を消します。

基本的に看破というのは全体看破・弐を指します。侍・忍者・傾奇者が看破を所持しています。

行動宣言の際は省略して「kp」と宣言しますが、見逃しやすいのでマクロに登録している人もいます。

修得途中で全体看破・壱しかない場合は徒党員に事前に伝えておきましょう。

宣言も「kp1」などで工夫すれば更にいいですね。看破壱と弐の違いは付与の消える数です。

敵の付与が1つ消えるのと2つ消えるのでは戦況が変わってくるので注意しましょう。

主にアタッカーが看破を引き受けますが、盾侍や殺陣・能学も持っているので状況に応じて看破します。

看破で消える順番は白>黄>青>赤>緑です。

一番厄介なのは詠唱付与の白△です。これが付くと敵の術の準備動作が省略されます。

陰陽士の全体攻撃術だけでなく僧・薬師の回復術・蘇生までも準備なしで使ってきます。

特に蘇生が準備なしで通ると大変なので詠唱の白△は確実に消しましょう。



味方に呪詛が付いたままだと不利になるので解呪する必要があります。

基本的に解呪も全体解呪・弐をさします。薬師・僧・神職が解呪を所持しています。

解呪を使えるのは回復役と詠唱役なのでどちらが解呪にいくか声をだして確認しましょう。

回復役は回復に忙しいので詠唱役が解呪に行くことが多いです。能楽傾奇の「祓いの調べ」は全体解呪・壱なので注意が必要です。

解呪で消える順番は白>黄>青>赤>緑です。

一番厄介なのは沈黙の白▽です。

詠唱の白▽が消えるだけでなく、回復術、攻撃妖術が使えなくなり、アタッカーも看破を使えなくなります。

特に「沈黙の霧」で複数のPCが沈黙を喰らうと一気に壊滅する事もあります。

詠唱・回復が両方沈黙状態になると解呪が使えなくなるので「解呪薬(治身解呪薬)」は常に携帯しておきましょう。



看破や解呪の代わりに反対の付与や呪詛をつけて無理やり消す方法もあります。

敵の詠唱韻の白△を古神の「神儀招嵐」で白▽をつけて消す事ができます。

味方の呪縛や沈黙の白▽を「詠唱付与」や「羽重の唄」の白△で消す事もできます。

ただ、同じ白▽同士では優先度があるみたいで上書きできない事もあるようです。

例えば、「神儀招嵐」の白▽がついている敵には沈黙の白▽は付けることができません。

効果がでたような演出が流れますが実際には沈黙状態にはなりません。

しかし、逆に敵から受けた小細工無用(道具使用不能)の白▽があれば敵からの沈黙を無効化できます。

沈黙対策の為に解呪せずに放置しておく場合もあります。



看破の消える順番を利用した「メッキ」と言う方法があります。

盾加持は防御力の上がる「鎧の極み」の青△の維持が重要です。この青△を看破で消されないように白△や黄△を付ける事をメッキといいます。

白△か黄△が付いていれば全体看破・壱が来ても青△は残ります。2つ付いていれば看破・弐がきても大丈夫ですね。

メッキ専用の技能である軍学の「衣重の策」や雅楽の「羽重の唄」の白△であれば「霧散霧消」が来ても残りの付与を守る事ができます。
(※霧散霧消・・敵全体の、すべての付与効果、気合・生命回復速度上昇効果を打ち消すNPC専用技能)



最後に大事な注意点があります。

付与を付けると味方のステータスが上がるので有利になるのですが、付与を付けすぎるのは危険です。

味方に付与の数が増えると敵の全体看破の頻度が上がります。

不必要な付与の為に大事な詠唱付与の白△や鎧の極みの青△が消えてしまっては意味がありません。

付与を付けるのは必要最低限にしましょう。




▽←解呪で消しましょう^^
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012-02-06

付与と呪詛@基本編

付与と呪詛についての基本的な事を少し・・・



付与は戦闘中に付く△の事です。

白(無)・黄色(土)・青(水)・赤(火)・緑(風)の5種類あります。

白は特殊状態がつく無属性付与。特定の準備動作を省く詠唱付与やダメージが1度だけ+3000される荒魂宿光などがこれにあたります。

黄色は知力と魅力、青は防御力、赤は攻撃力、緑は命中力・回避力・ウェイト軽減値がそれぞれ上昇します。

付与には効果時間があり一定時間たつと消滅します。時間はそれぞれの技能に依存します。



敵に付いた付与は看破で消すことができます。

看破・壱で1つ、看破・弐で2つ消すことができます。

消える順番は白>黄>青>赤>緑の順番です。

黄△・赤△の付いた敵に看破・壱を使うと黄△が消えて赤△が残ります。

白△・青△・緑△の付いた敵に看破・弐を使うと、白△と青△が消えて緑△が残ります。

暗殺忍者の神刀両断や演舞の快刀乱麻ならすべての付与を一度に消すことができます。

忍法の写し身なら敵の付与をすべて消して自分の付与に移す事ができます。

例外として羽重の歌などの付与を守る白△がついている場合は白△だけ消えて後の付与は残ります。



呪詛はこれと逆で▽ですね。

白▽は物理攻撃ができなくなる呪縛や妖術の使えなくなる沈黙、道具が使えなくなる小細工無用がこれにあたります。

黄、青、赤、緑は付与の逆で能力が下がります。

呪詛にも効果時間があり一定時間たつと消滅します。時間はそれぞれの技能に依存します。

味方に付いた呪詛は解呪で消すことができます。

解呪・壱で1つ、解呪・弐で2つ消すことができます。

消える順番は白>黄>青>赤>緑の順番です。

白▽・黄▽の付いた味方に解呪を使うと白▽が消えて黄が残ります。

青▽・赤▽・緑▽の付いた味方に解呪・弐を使うと、青▽と赤▽が消えて緑▽が残ります。

侍の反計や薬師の呪詛返しなら自分に付いた呪詛を消して相手に呪詛を与える事ができます。



ちなみに呪詛と呪いは違います。

▽の付く呪詛とは違い、呪いは生命力減少効果の事を意味します。

裏鬼門や五大明王法などの技能ですね。これをくらうと生命力のバーが点滅して生命力が減っていきます。

呪詛ではないので解呪では解除できません。合掌法輪か生命継続回復技能で上書きしましょう。




付与と呪詛は相互上書き可能です。

赤▽の付いている味方に攻撃付与を使うと赤▽が消えて赤△になります。

緑△の付いている敵に低速呪詛を使うと緑△が消えて緑▽が付きます。

相互上書き可能ですが呪詛の場合、対象の属性が高いと効かない場合もあるので注意が必要です。

特例として軍学の逆転の秘策をつかうと付与の△がすべて呪詛の▽になります。呪詛が逆転して付与になったりはしません。



基本的に付与も呪詛も重ねがけは無効です。攻撃付与を2回つかっても付与効果は1回分です。

違う技能の場合は各技能の優先順位の高い方の効果がでます。

例外として、鎧の極み(至り)・刀の極み(至り)は重ねがけができます。

防御力は5倍まで、攻撃力は1400?までは重ねがけができるみたいです。



レベル2付与・レベル2呪詛というものがあります。

レベル2の付与・呪詛は大きい△・▽が付いて看破・解呪では消えなくなります。

レベル2の付与を消すにはレベル2の呪詛をつけるか、時間経過でレベル1になるのを待って看破するしかないです。

レベル2の呪詛を付けられるのは仙論の凶方天中殺か軍学の知略縦横ですね。いずれも条件付きですが。

レベル2の呪詛を消すにはレベル2の付与をつけるか、時間経過でレベル1になるのを待って解呪するしかないです

レベル2の付与を付けられるのは各特化の奥義技能ですね。



付与・呪詛ともに具体的な数字はわかりません。どの技能でついた付与かを覚えておくしかありません。

「寄合所」にある程度の数値は載っていますので参考にはなるでしょう。





                                         黒助


▽←これは呪詛ではありません。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
プロフィール

東条見聞録

Author:東条見聞録
信長の野望online
 萌黄織田家所属
  東条静華(軍)
  城下町「東条見聞録」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。