--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-27

初心者のための徒党の基礎知識

初心者さんの為の徒党の基礎知識編です。あくまで初心者さん向けの記事ですので・・・



基本的に7人徒党です。

敵から味方を守る盾役さんが2人。

味方を回復する回復役さんが1人。

回復役さんへの詠唱付与や気合管理をする詠唱役さんが1人。

敵を倒すアタッカーさんが3人。

敵の構成によっては盾を1人にしてアタッカーさんを増やしたり、アタッカーさんを減らして回復役を2人にしたりします。敵の攻撃が激しいときは盾が3人になることもあるでしょう。



盾役さんの役目は敵の攻撃から味方を守ること、自身の防御力を高めたり、敵を挑発して敵の攻撃を引き受けたりします。

防御力を上げれば近接物理攻撃で狙われた見方を守護しやすくなります。

主に武士道侍さん、軍学侍さん、鎧鍛冶さん、刀鍛冶さんが盾役を引き受けます。



回復役さんの役目は傷ついた味方を回復すること、主に盾役さんへの回復行動や死亡した味方の蘇生をします。

回復術は詠唱付与がついていないと準備行動が発生しますので、自身への詠唱を確認して行動しましょう。

薬師さん(医術・神通・修験)、僧(仏門・密教・僧兵)さんが回復役を引き受けます。



詠唱役さんの役目は回復役さんへの詠唱付与と、徒党員の気合管理、各種のサポートです。

詠唱付与は看破(全体看破)や霧散(雲散霧消)で消えてしまうので詠唱を切らさないように細心の注意を払いましょう。

気合の韻(意気衝天)で徒党員の気合回復速度を上げる事も重要、こちらも霧散(雲散霧消)で消えるので注意。

手が空いたらサポート技能で徒党のサポートをしましょう。

神職さんなら行動不能体制があがる不変の○○や傾奇さんなら気合消費の減る吉祥の揺など、できることはたくさんあります。

神職さん(神典・古神典・雅楽)、能楽傾奇さん、殺陣傾奇さんが詠唱役を引き受けます。



アタッカーさんの役目は攻撃して敵を倒すこと、攻撃だけでなく敵の準備行動の妨害なども大事です。

いくら攻撃しても回復されたら意味が無いので、特に敵の蘇生や完全回復の準備がきたら確実に止めましょう。

看破が使える職は看破も大事、敵に詠唱がつくと準備動作なしで蘇生や全体回復が来ます。詠唱>蘇生>全体完全回復と通ると戦闘は振り出しに戻ってしまいます。

アタッカーのなかでも攻撃が得意な職、サポートが得意な職と色々と分かれています。アタッカー同士の連携も大事です。

主に武芸侍さん、忍者さん(暗殺・忍法・術忍)、鉄砲鍛冶さん、陰陽士さん(陰陽道・仙論・召喚)、演舞さんがアタッカーを引き受けます。


以上が基本的な徒党における役割です。

あくまでこれは基礎なので、実際の戦闘では徒党の構成や敵の種類・強さなどによって変わってきます。いつ、どんな時に、どんな行動をすれば良いのかは実際に戦闘を経験して身に付けるしかありません。

戦闘中に色々指示されて困惑する事もあるかもしれません。初めのうちは難しいかもしれませんが少しづつ勉強していきましょう。

戦闘が終わってからでもいいので、疑問に思った事はどんどん質問しましょう。自分だけで考えていてはなかなか気づかないものです。



戦闘は実践あるのみ!どんどん戦闘に参加して自身のスキルを高めましょう^^

「九州三国志」や「狂渦の気配(陸海空ダンジョン)」、「根の国の異変」などで自分の職の募集がでていれば対話をして徒党にいれてもらいましょう。

挨拶をして自分の特化・レベルなどを伝えて初心者である事も伝えておけばいいですね。

例「こんにちは^^レベル58の見習い忍法ですが参加できますか?」
例「こんばんは。雅楽59で詠唱気合4はありますがはいれますか?」

盾は盾鍛冶・盾侍で分けて募集することもありますし、アタのなかにはkpアタ(看破持ち)という募集もあります。

募集の内容のボスに挑戦できるかも確認する事をわすれずに。

長くなったのでこのへんで失礼します^^


                                             詩織




                                               

▽徒党で協力するのは楽しいと思う方はポチっと^^
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは^^
わかりやすい解説ですね、僕のとこと違ってためになるブログだ^^

特化が導入されてからきっちり徒党の役割分担がハッキリしましたね
まあ、だいぶ昔の話ですが・・・
棍棒持って盾して3連撃を繰り出してた頃の侍は不満だらけだったw
武芸という特化が出来て大喜びしたのもいい思い出^^
そんな懐かしい気持ちを思い出させてくれる内容でした^^

Re: タイトルなし

> 赤城さん

もっと詳しく書ければいいのですが、まだまだひよこなので^^;間違い等があればどんどん指摘して下さい^^

過去の話は面白いですね、棍棒盾侍は初耳です。今度赤城さんに取材してみようかな^^
プロフィール

東条見聞録

Author:東条見聞録
信長の野望online
 萌黄織田家所属
  東条静華(軍)
  城下町「東条見聞録」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。