--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-11

城下町開発心得

こんばんは^^

今日は城下町についてのお話です。

と言っても、まだまだ解っている事は少ないのですが・・・

私は城下町を2つ持っているのですが、2つの城下町を作ってみた感想をふまえてお話します。



結論から言うと、純粋に城下町を発展させる為には家臣団の育成施設は邪魔です。

最初は建設可能な数が限られている為(1万石で5つ)、育成施設を作ってしまうと結果的に収入が減ります。

勿論、直接収入が減るわけではありません。

これは機会費用から見た結果で、つまり収入系の施設を建てていれば得られるはずであった収入の増加分を失っているからです。

城下町に施設を建てる為に城下銭と資源が必要です。

城下銭は城下町手形の納入と徴収で、資源は城下町手形の納入のみで手に入ります。

納入は1日に10回、徴収は1日に1回です。

早く発展させたければ、納入と徴収で得られる城下銭と資源をできるだけ増やす必要があります。

私がやって見た感じでは、序盤は資源が余るので、納入効果(城下銭)の「茶屋」から建てる事をお勧めします。

資源が足りなくなってきたなと思ったら納入効果(資源)の「水田」も建てましょうか^^

定期収入効果の「農家」もあった方がいいかもしれません。

徴収は1日1回なので農家をできるだけレベルアップさせてから行いましょう。



それと、城下銭が足りなくなってから城下町手形を1つずつ納入しましょう。

まとめて10個納入してしまうと資源の上限に引っ掛かり損をします。

更に言えば、1つ納入>収入アップ系施設を建設(レベルアップ)>城下銭・資源が足りなくなったら1つ納入>最後に徴収>建設(レベルアップ)がいいと思います。

私の場合、最初は城下銭の方が足りなかったのですが、城下銭は徴収でも得られるので、今は資源が足りなくなりました。

なので比率は茶屋:水田=1:1くらいでいいかもしれませんね^^;

資源上限のあがる「伐採所」は余裕ができてからでもいいでしょう。特に急ぐ必要はないですね。

各施設を建てる場所は自由に決めていいと思います。

最終的に家臣団施設を建てるのであれば、城主補佐に近い所(MAP中央上部)を4ヶ所(装備・生命・気合い・能力用)空けておけばいいと思います。

家臣団施設は実際にその場所まで行く必要があるので入り口に近い方が便利です。



施設を建設又はレベルアップさせると繁栄度が上がり、繁栄度が一定値たまると石高があがります。

城下町の石高が上がると、施設の建設数と上限レベルがあがります。

10万石で家臣をもう一人雇えるようになりました。

ちなみに、訓練施設のレベルを上げると訓練に必要な家臣団資金がわずかに少なくなります。

研究で建設可能になる上位?施設は見た目が違うだけで効果は同じですのでご注意下さい。



まだまだ始めたばかりで解らない事だらけですが、とりあえずこんな感じで如何でしょうか?


                                       詩織



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます。今日から鳳凰始めて何やるんだかさっぱりだったので助かりました(^-^)/感謝。

いえいえ^^;

少しでもお役に立てればと思いまして・・・

コメント感謝です^^
プロフィール

東条見聞録

Author:東条見聞録
信長の野望online
 萌黄織田家所属
  東条静華(軍)
  城下町「東条見聞録」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。